狭い2Kの賃貸アパートに限界を感じて

狭い2Kの賃貸アパートに限界を感じて

狭い2Kの賃貸アパートに限界を感じて

私達夫婦は結婚当初2Kのアパートに住んでいました。

 

玄関とキッチンが直結しているので慣れない掃除が大変でしたね。
特急が停まる駅から徒歩で行ける距離なので立地的にはとても良かったのですが、やはり一番辛かったのは狭いことです。

 

2Kでも部屋が広ければ良いのですが、どちらも6畳しか無いのです。
和室と洋室が1つずつで、主人の趣味がコレクションなので、和室はコレクションと主人のパソコンなどでいっぱいっぱいに。

 

私は洋室を使っていたのですが、ここに自分のパソコン、洋服などの収納、ソファなど全てを置いていました。
一応入りきってなんとかなってはいたのですが、どうしても和室に置ききれない物を洋室に置くとなるとかなり狭くなってしまいます。

 

結婚したばかりの頃は主人にコレクションの趣味が無いのでまだ良かったのですが、現実問題としてミニマリストどころか物をたくさん持っているわけです。
そんな私達が2Kのアパートに住むのには正直無理がありました。

 

掃除をするにも物を一旦置いておくような場所も無くて、それがきっかけで家を探すことに。

 

マンションや一戸建ても中古に新築にたくさん見ました。

 

休日はモデルルームや内見に行ったりして、本当に家に時間をかけてきたと思っています。

 

しかし、主人の趣味を考えると普通の家ではどうなのかなと思うようになったんですよね。
今後もコレクションは増えるでしょうし、メンテナンスをする部屋も欲しいと思います。

 

子どもがいないのである程度広く使えますが、夫婦ふたりで部屋数が多く、しっかり希望を叶えるためには注文住宅しか無いという現状にぶち当たってしまいました。

 

結局、私達はプラス1年待って、頭金を増やしてからスーモカウンターに相談し、注文住宅を建てることにしました。
二人の希望がぎっしり詰まったわが家は、子どものいない私達にとってわが子のように愛しい存在です。

 

主人もコレクションが綺麗に見れて、すぐにメンテナンス出来る部屋に大満足。
やはり注文住宅で良かったと改めて感じます。

注文住宅にしました

結婚をきっかけに家を建てる事になりました。

出典:家を建てる

 

建売、条件付の土地を購入しての建築、注文住宅とで悩んだのですが、
やはり、家というのは長い間住み続けるものなので、私たちは、家を買った後は、老後までそこで住み続けることを考えていたので、住むと決めた地域で注文住宅を建ててくれるところを見つけ、そこにお願いすることになりました。

 

坪数は、60坪で、土地の値段2500万、家の値段2500万でした。
土地は、最初は自分たちでネットを見て探していたのですが結局良いところが見つかりませんでした。

 

良いところが見つかっても、週末にその土地の事を問い合わせしてみると、もうすでに誰かが買いたがっているので二番手ですという話をされたりして、やはり、皆ネットを見て良いところはすぐにキープしてしまうんだなと思いました。

 

土地を購入する前から、注文住宅を建ててくれる施工会社のほうは先に決めていたので、その担当者の方にお願いして、土地探しから一緒にしてもらいました。
その結果、駅から徒歩15分くらいで、便利なところに土地が空いていることを教えてもらい、そこで家を建ててもらうことにしました。

 

予算としては、土地と家とで5000万円以内にしたいというのがあったのですが、基本のプランだとそれ以内に収められましたが、やはり、家を建てるとなると、外構までいろいろと考えないといけません。

 

また、長く住み易い間取りにするために、オプションで棚を付けてもらったりと、少しずつプラスになっていき、予算は少しオーバーしてしまいました。
ですが、後から追加工事をお願いするよりも、最初からつけてもらったほうが、安く済むということだったので、初期投資だと思い、最初は少しオーバーしても長い目で見てそのほうが良いのかなと思いました。

 

家を建てるということは、建つまではあっという間に過ぎていきます。
ですが、それからが長い間自分たちが住み続けることになるので、費用が多少かかっても、住み易いと思える仕様であれば、付けてもらっていた方が良いなと、家を建ててもらって思いました。

トップへ戻る